ALZETA FAQ

  • 参照権限管理

    外部入力データ(DWHなど)や、システム内で作成したファイルの参照権限を、ロールに対して与える仕組みです。DWHでは各テーブル(表)ごとに設定可能。

    ユーザをロール(グループ)に登録することで、ユーザが参照可能なデータの範囲を制限することができます。

  • 操作ログ内容

    以下のログがタイムスタンプとともに残ります

    • データフローログ

      作成、保存、実行、仮実行
    • データログ

      実行時の入出力データ、アップロード、ダウンロード、削除
  • ETLanTIS/ALZETAを設定/運用するために必要な知識(スキル)

    Red Hat Enterprise Linux の運用スキルが必要です。

  • ユーザーがETLanTISの習熟に必要とする時間

    Excelを利用しているユーザーあれば半日程度のトレーニング(有償)と、ヘルプ画面で利用いただけます。JOB作成支援については有償でのサポートがありますので相談ください。

  • "使用可能なデータソースがありません"のポップアップが表示される
  • CSV/Excel出力時の自動分割停止

    サーバの管理者がsshでログイン頂き、

    conf/system.props.conf ファイルにある

    (CSVの場合)
    split.output.csvfile=

    (Excelの場合)
    split.output.excelfile=

    の値を null に設定し、保存されている JOB を再保存することでこの設定がその JOB で反映されます。

  • Σ(集計)
  • JOBのフロー編集を開始すると、その時点でJOBが変更されてしまうのか?

    「保存」ボタンを押すまでは変更されません。

  • 出力ファイル名に基準日を自動でつけたい
  • 小数点以下の端数処理
  • 特定の文字列の抽出
  • 項目の並替 or 削除を行いたい
  • 入力ファイルのレコード総件数を知りたい
  • JOBで出力したデータを他JOBの入力データとしたい
  • 日付の形式を変換したい
  • 抽出値や出力ファイル名に当日日付を自動で使用する方法
  • 結合出来ないデータを除外したい
  • 項目を新たに追加したい
  • ログ収集をお願いしています